社外品マフラー装備自動車

本記事では、自動車の社外マフラーについて記載します。車には純正品と社外品が一般にはあります。以前は、車検審査が厳しく、社外品の取り付けは車検に通らない場合が多くありました。近年発売されているものは、車検対応品と呼ばれるもので、安全基準を満たしています。デザイン性や、音質が特長があるものが多く発売されています。以前に比べると車パーツの量販店でも簡易に取り付けが可能で、車検対応の証明書がもらえます。この証明書を自動車内の車検証入れに入れておくと問題なく車検が通ります。もう一点社外品の利点があります。純正品は安価に作る必要があるため、消耗品として、車を所有している間に何度かの交換が必要な場合がありますが、社外品は、しっかりとした強度が確保されており、そのまま使い続けることができるのです。

マフラーの様々の遍歴

マフラーは、車の最後部の下側に位置している排気ガスの排気管の事です。エンジンを持たない電気自動車には存在していません。その役目は、排気ガスを導くと同時に消音も兼ねています。その材質は、以前はほとんどが鉄製で、古い車では錆びて穴が開いてしまい、そこからかなり大きな排気音を漏らしていたものです。近年は、錆びないステンレス製となり、耐久性は格段に向上しています。また、自動車の性能向上の為にいかに排気ガスをスムーズに排出できるかといった取り組みも行われています。その技術は燃費の向上にも活かされてきています。

マフラー装備の情報